忘れてはならないポチ袋の話


宮城から帰る日

登米から石巻まではちっぴーの出勤に同伴

バス停に下ろしてもらって石巻からひとまず仙台へ

バスに乗り込んだ時まず頭に浮かんだのが

「あ…1万円札しかない…」

小銭は数十円

でもバス代は八百円

バスが来るまで吹雪のなかいたのでもうろうとしていて

「まあ、なんとかなるだろう」と気軽に考えてました

存在したらアナウンスで「五千円札と一万札は使えません」

もう一度運転手生アナウンスて「五千円札と一万札は使えません 」って…

がーん 二回言った…二回も言った…

あわてて財布という財布を探す

ダメだやっぱりない どうしよう…

困り果てた私の頭にキラリンと思い出したモノが…

叔父さんからもらったポチ袋!あれの中にいくらか入っているかも!

急いで荷物の中からポチを探しだし開けて中を見る

!!!


五百円玉と五円玉!

ひぃ~ ポチ袋神!

もうひとつも開ける

もうひとつにも五百円と五円

ああ!助かった!ちゃんと払える!

叔父さんありがとー!


と思い、五百玉二枚を握りしめ仙台まで熟睡


仙台について鼻歌唄う勢い(ワタクシ、ちゃんと小銭は用意出来てますの。ええバスに乗る者として常識ですものオホホホぬかりはなくてよ)で下車しようと五百円を両替機のコイン入れへ…

ん?入らない

コイン入れの横には五十円玉と百円玉と五百円玉の絵

でもあきらかにコインの入口と五百円玉のサイズが合わない

首を傾げると運転手さんが

「あ…五百円入らないの両替できないの。これね、こう書かれてるけどウソなの」


とな どひゃ~

もちろん「朝だと小銭ないんだよ~」と言われながら両替してもらい無事下車しましたよ

ああ 万札だったら無理で困り果てただろうな~

皆さまバスに乗るときは小銭のご用意を忘れずに!
スポンサーサイト

1月5日


新宿にて

高層ビルは「センタービル」が一番好き

高2の時からの定番

五十嵐夫妻と


ちっぴーが仕事終わるまで二人が色々連れていってくれました。

美味しい美味しいカレー屋さん又どっかでやってくれないかなあ

足湯では


五十嵐夫妻の愛犬パムも一緒


もちろん浸からないけどね 膝の上にて温泉気分

はあ~久し振りに温泉(足だけだけど)入った

里帰り 1月4日 その2


お昼前に元読谷でカレー屋を営んでいた五十嵐夫妻と合流


楽しくお茶する

こちらでの暮らしやこちらの飲食店の感想や塩麹の作り方や粕の話に花が咲く

そのして道の駅&足湯へ

里帰り 1月4日 その1


朝、ちっぴーの出勤と共に出かける

登米からちっぴーの出勤地の石巻まで約一時間

ひたすら田んぼの中を車を走らせ「あれ?なんかちょっと風景が違うな」と思ったら石巻でした

宮城ってもっと山深いイメージあったけど平野も多いのね

マックで下ろしてもらい午前中は宿題にしてたチラシ製作
窓の外には雪がチラつき始める

嬉しくてシャッターを押す

今度の古本市のチラシは雪を見ながら書きまし

里帰り 1月3日 その3




寒がりの私を気遣って積み上げられたお布団

これにもう一枚掛かってるからね

あーでも伝わらないなあの厚み

45センチ位はあったね


因みに実家にて気に入った「電気あんか」持参しましたが、電気毛布で迎えてもらいました

里帰り 1月3日 その1


やや二日酔いで早起き

寝ぼけながら東京へ向かい東京からバスで仙台へ

午前中はずっとバスに揺られてお昼寝

安達太良山は綺麗でした

里帰り 1月2日 その3


専門学校だったから2年しか一緒じゃなかった

なのにもう人生の半分友達

めんどくさがりやなこの人達とよくぞまあここまで繋がっていれたもんだ

携帯電話も無かった時代に良くつるんで出掛けたな

私以外はみんな車もってたから

夏休みも卒業旅行もあっちこっち行った

男の中に女が一人 だったから

ベッドを譲ってくれたり、上着貸してくれたり、帽子貸してくれたりした

良くしてくれたな~

なんて思っていたけど

良く思い返したら

海があったら投げ落とされ、川があったら突き落とされ、無人駅でも突き飛ばされた

おかげでたくましくなりました

里帰り 1月2日 その2



なんとか昼間から開いている店発見

鳥専門店ね

入店のさいに「繁忙期ですので十パーセント加算されます」とな

なんか去年も同じとこ入って高いからソッコー出たらしい

でも入る

あ 入るんだ

鳥専門店だから
先ずは「鳥もも半身唐揚げ」的なモノをオーダー

定員さん「あ…あるかな?ちょっとお待ちください」
皆「えっ?鳥屋なのに?」

この鳥専門店 昔は好きで良く行ったけど、写真と来た皿がかなり違ったり、色々がっかりした

でもそれば多分自分が大手チェーンより個人店が好きになったからだと思う

毎年2日に飲みに集まる彼らが

その飲みの場から毎回電話をくれた

いつか正月帰って皆に会いたいなあ

と毎年思っていた。

だから今年は帰る事にした
思ったより飛行機高くなかったしね

でも私が「今年は帰るね」って言ったら集まらない事も有りそうだから(そういう位置関係力関係です)

ギリギリまで期待しないでおきました


会えてうれしいなー

頃合いをみて2件目へ

マサカの豚焼き肉!

韓国メンズが働く韓国豚焼き肉

しかも7人収容に無理がある

肉も焼き飯も定員さんが焼いてくれるみたいなのですが

システムが理解出来ず色々お手つき

会話というより各々がやらかす事を笑って過ごした感じ

いや、多分もう酔っぱらってたんだろうな私

んで三軒目にアイリッシュパブ

大好きなキルケニーでご機嫌

でもトイレが近くなって何度もトイレへ

ここのトイレ女子はコイン式

コインはカウンターで定員からもらう

あ~めんどくせ~

しかも私たちがいるのは半野外の席

東京の冬でも半野外

だからみんな上着着用

回りはビニールシートで覆われている席

トイレそりゃ近くなるでしょ

んで何度もトイレに行くわけですよ

んでキャッシュオンの店ですよ

財布をテーブルの上に置きっぱなし(みんなもいるしね)にしちゃうわけですよ
三軒目ですしね、もうカモな訳ですよ

トイレから帰ってきたら財布がパンパンになってるんですよ

テーブルに置いてあるペーパーナプキンの札束が入っていて金持ち気分

きーバカにしおって!

んで飲む

んで又トイレ

んで又財布に札束

の繰り返し


まあ学生の時の仲間ってこんな感じよね
日々の独り言
カテゴリー
プロフィール

ひばり屋

Author:ひばり屋
2004年7月にオープン
「珈琲屋っぽくない珈琲屋」を目指して日々奮闘中
ちんだみ三線店前(現JALシティホテル)から2007年にパラダイス通り理容たかまつ裏へ移転
更に2016年3月ゆいレール美栄橋駅のそばの民家の奥に移転

更に更に2017年桜坂のグランドオリオン通りのオリオン薬局の横の小道を入った3件目のディープゾーンに移転しました


「秘密の花園」の様な路地裏にて光合成しながら営業しております

スペシャルティコーヒー協会認定 コーヒーマイスター
J.C.Q.A認定 コーヒーインストラクター2級

那覇市牧志3-9-26
グランドオリオン通りのオリオン薬局の横の小道入る

090-8355-7883
10時30分~19時まで
悪天候お休み&不定休

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
FC2ブックマークに追加する
FC2ブックマークに追加
最近のトラックバック
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク