沖縄の伝統行事「安田(あだ)のシヌグ」へ行くの巻











沖縄本島の上の右側にある「安田」という村の伝統行事に友人が参加すると聞き見てみたくなって行ってきました

安田は那覇からは本島を縦断横断しなくてはいけないとてもとても遠い村
那覇の人でも知らない人が沢山います
私は珈琲がきっかけで年に数回この村を訪れる様になり、この安田という村に住み、安田の素晴らしさをいつも熱く語ってくれる友人の話を聞いていると 自然と見てみたいなーという気持ちになりました

しかも今年は2年に一度の大シヌグ

五穀豊穣を願い 行われる神事
見せ物じゃないから台風が来てもやるんだって

まず、昼に男達が草や赤い実で着飾り山へ入る その時は女人禁制
山の上で儀式を執り行い 「神」となって太鼓を叩き、「ヘイヘイホー」と声を上げながら降りてくる

女の子達はそれを出迎え みんな揃って海へ出る

砂浜にて女を囲む様に円になり 持っていた枝葉でバサバサと「スクナーレスクナーレ」と唱えながら厄落とし 厄払い

私たちはそれぞれの商売繁盛 と健康と友人の健康を願いました

そして山へ拝み、海へ拝み 装飾していた葉や赤い実を外し 海で清めます

その日はとても空が青くて、日焼けした男達の裸に葉っぱ装飾 がとても映えて 日本というよりポリネシアン的な世界が広がっていました

そして一端解散して夕刻に公民館に集合

今度は女の踊り「ウシンデーク」のはじまりです

稲作を思わせる踊りに始まり
円なった女達を取り囲むようにゴザを引き観客席となります

女達は唄いながらゆっくり踊りながらぐるぐると回り 盆踊りにも似た振り付けで一時間ほど踊ります。 同じような振りに見えて 少しづつ変化し 最後は大きな振り付けになる頃には辺りは既に夜となり
真ん中で焚かれた火も祭りの雰囲気を盛り上げます

決して華やかな行事ではないし だからといって神秘的でもない
でも長くにわたり受け継がれてきた この不思議な行事をとても興味深く思い
過ごしました

「おもしろい」より「趣がある」だな

うまく言葉に出来ないけど 見れて良かったです


写真1 山に入る前の人間の友人たいさん

写真2 山から降りてきた男達 この時は「神」
太鼓叩いて「ヘイヘイホー」
写真3 神と共に海へ出る
写真4 「神」になった友人たいさん

写真5 「神」が山盛り スゴい人数

写真6 「神」山へ祈る

写真7 田植えの踊り

写真8 友人優子さんと私
写真9 五穀豊穣 安田の旗
写真10 ウシンデーク 踊る女
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

日々の独り言
カテゴリー
プロフィール

ひばり屋

Author:ひばり屋
2004年7月にオープン
「珈琲屋っぽくない珈琲屋」を目指して日々奮闘中
ちんだみ三線店前(現JALシティホテル)から2007年にパラダイス通り理容たかまつ裏へ移転
更に2016年3月ゆいレール美栄橋駅のそばの民家の奥に移転

更に更に2017年桜坂のグランドオリオン通りのオリオン薬局の横の小道を入った3件目のディープゾーンに移転しました


「秘密の花園」の様な路地裏にて光合成しながら営業しております

スペシャルティコーヒー協会認定 コーヒーマイスター
J.C.Q.A認定 コーヒーインストラクター2級

那覇市牧志3-9-26
グランドオリオン通りのオリオン薬局の横の小道入る

090-8355-7883
10時30分~19時まで
悪天候お休み&不定休

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
FC2ブックマークに追加する
FC2ブックマークに追加
最近のトラックバック
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク