スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

丘のチャペルのおにわ市for311チルドレン

この春

生まれ育った稲毛海岸を歩いた

慣れ親しんだ風景の中に

ちょっとづつ修復された形跡

3年前の地震での修復跡


こんなにも離れた街でも大きく揺れた



被災地を想う時 

いつも言葉にならない

慣れ親しんだ風景をまるっと飲み込まれる恐怖と

一瞬にして全てを失う絶望

3年たってもなお 拭いされない悲しみ


珈琲屋は 珈琲を淹れる事でしか 支援を生み出せないので

日々も この日も 珈琲を淹れながら

ささやかに支援を送りたいと想います


ああ どうか 

あなたの悲しみが少しでも癒えます様に



おにわ市は 被災地の子供たちへ支援を送るためのイベントです

来場車一台につき 300円の駐車料金がかかり

その300円は全額寄付されます

そして

会場内には募金箱も設置されます

このイベントの趣旨をご理解の上 ご来場くださいませ


募金は以下の団体へ送られます(以下おにわ市ブログコピペ)




for 3.11 children と副題をつけてから、これまで主に、
震災で家族を失ってしまった子どもたちへとつながる寄付をしてきました。
対象も広がるようにと、岩手、宮城、福島それぞれに。

今回は震災後3年が経ち、なお被爆の問題と向き合っている
福島へとつながる組織と基金に限って寄付させて頂くことにしました。
目に見えない不安や困難な生活と向き合い続けている人たちがたくさんいます。
そのことを沖縄に暮らす私たちも決して忘れてはならないと思います。

みなみそうまラーニングセンターは、
特に発達に障害を持った子どもたちを支援する取り組みをしています。
センターでは特に、学習支援や心理的ケア、保護者の相談等を実施しています。

<以下、ホームページより>
発達障がいの子ども達の中には、周囲とのコミュニケーションが難しく、
人の感情や場の空気を察することが苦手な子どもが多く存在します。
南相馬市には、避難先での生活が困難で地元に帰ってきた
そういった子どもやその家族が多い一方で、
発達障がいの子どもを受け入れる環境がまだ整っておらず、
安心して生活することが難しい状況が続いており、ケアを必要としています。


たまきはる福島基金は、
行政や補償事業では対応できないような取り組みや団体、
特に放射能から避難している子どもたちを支援する団体へと
事業支援を実施する基金です。

<以下、ホームページより>
「たまきはる福島基金」は、2011年3月東京電力福島原子力発電所の事故により
地元市町村から避難を余儀なくされた全ての人々を精神的、経済的に
長期に亘り支援することにより、地元市町村の復興に携わる人材を育成し
被災市町村の速やかな復興と健全な発展に寄与することを目的とし設立しました。
「たまきはる」は万葉時代の「いのち」の枕詞。
これは我々自身がこの困難をしたたかに生き抜くための基金である。

・・・



「丘のチャペルのおにわ市for311チルドレン」

会場 キリスト教学院大学中庭にて開催

日時 11時~15時

雨天決行

 詳しくは「おにわ市ブログ」をご覧ください



「君を歌うよ 小さな事が 大きな光になってゆく様に かき鳴らしては かき鳴らしては 祈っている」

 ~僕のギター~











スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

日々の独り言
カテゴリー
プロフィール

ひばり屋

Author:ひばり屋
2004年7月にオープン
「珈琲屋っぽくない珈琲屋」を目指して日々奮闘中
ちんだみ三線店前(現JALシティホテル)から2007年にパラダイス通り理容たかまつ裏へ移転
更に2016年3月ゆいレール美栄橋駅のそばの民家の奥に移転

更に更に2017年桜坂のグランドオリオン通りのオリオン薬局の横の小道を入った3件目のディープゾーンに移転しました


「秘密の花園」の様な路地裏にて光合成しながら営業しております

スペシャルティコーヒー協会認定 コーヒーマイスター
J.C.Q.A認定 コーヒーインストラクター2級

那覇市牧志3-9-26
グランドオリオン通りのオリオン薬局の横の小道入る

090-8355-7883
10時30分~19時まで
悪天候お休み&不定休

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
FC2ブックマークに追加する
FC2ブックマークに追加
最近のトラックバック
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。